FANDOM


ESOを楽しむ6つのプレイスタイル 編集

探索、生産、釣り、対人戦、犯罪、人外化など、『エルダー・スクロールズ・オンライン』(以下、ESO)ではプレイヤーひとりひとりに違った楽しみ方がある。ここでは大きく6つのパターンに分けて、このゲームのプレイスタイルの例を紹介する。もちろん、ここで紹介する例のほかにも楽しみ方は無数に存在する。どれかひとつのプレイスタイルに徹する必要もなく、それぞれを自由に楽しむことが可能だ。

英雄プレイ 編集

3つの勢力で争う大規模対人戦で活躍することを目的としたプレイスタイル。全世界のプレイヤーがライバルとなり競い合うことになるので、スポーツ感覚のPvPを楽しみたい人にオススメだ。対人戦ができるのは、キャラクターレベルが10になると入れるようになる大規模対人戦用エリアのシロディール。ここで武勲を上げてトップに立ち、皇帝の称号を得ることが大きな目標となる。対人戦はエンドコンテンツのひとつだが、シロディール内ではレベルが低くても能力値がレベル50に補正されて、高レベルプレイヤーとの能力差が縮まるため、初心者でも楽しみやすくなっている。また、攻城兵器を使っての活躍も可能なので、臆せずチャレンジしてみよう。

英雄プレイ

シロディールでは各勢力が覇を競い合う。

アウトロープレイ 編集

盗みや不法侵入、スリ、殺人などの犯罪行為を行い、賞金首となる犯罪者ロールプレイ。TESシリーズではお馴染みのプレイスタイルであり、ほかのMMORPGでは味わえないスリルを楽しみたい人向けの遊び方だ。ESOでは、ほかのプレイヤーに対してではなく、NPCに対してのみ犯罪行為をはたらくことが可能。犯罪を重ねると賞金がかけられ、街のガードに攻撃されるようになるなどの展開に発展し、捕まれば罰金や死刑が待っている。ガードをうまく回避するか、犯罪行為を発見されないようにするか、状況をよく考えて犯罪行為は行おう。なお、賞金は時間とともに軽減されていく。犯罪を犯しすぎて取り返しが付かなくなるということはないので安心だ。

アウロトロープレイ-0

衛兵に追われる毎日。ならず者も楽じゃない。

職人プレイ 編集

料理、鍛冶、服飾、木工、錬金など、冒険に役立つ装備やアイテムを生産する職人的なプレイスタイル。フィールドを探索して素材を入手し、それを材料に様々なアイテムを作り出せる。しかし、クラフトにもスキルがあるため、最初からいいものを生み出すことは難しい。日々の積み重ねを経て、よりよいものを作れるようになっていく、という過程と達成感を味わいたい人にオススメだ。また、装備類は通常、自分の種族に合ったものしか生産できないが、ゲーム内で専用のアイテムを使用することで、ほかの種族の装備も生産可能になる。自分の装備だけでなく、ほかのプレイヤーの装備も作れるような頼れるマイスターを目指すのもいいかもしれない。

職人プレイ

クラフトは街の中の専用の場所でできる。序盤から利用できるので、地道に技術を磨こう!

冒険家プレイ 編集

おもに未踏のダンジョンへの挑戦や、クエスト攻略を目的としたプレイスタイル。いわゆるMMORPGのスタンダードな楽しみ方のひとつで、最初はキャラクター育成や装備獲得のために、多くの人が通る道となるだろう。ダンジョンは、ソロ用の難易度に設定されているものから、協力プレイ向けに高難度になっているものまで多種多様に存在する。そのため、ときにはほかのプレイヤーと協力して冒険することも必要となる。ゲーム内のプレイヤーズギルドに所属するなどして仲間を募り、攻略を進めていこう。また、NPCギルドであるFighters Guild、Mages Guildなどに所属すると、そのギルド専用のスキルを習得できるので、そちらを極めるのも面白い。

冒険家プレイ

未踏のダンジョンでは過酷な罠も待ち受ける。仲間と協力して立ち向かおう。

アウトドアプレイ 編集

絶景を求めて旅をしたり、釣りを楽しんだりするプレイスタイル。ESOでは釣りを独立したミニゲームとして遊ぶことができ、各地域に決められた釣り用のスポットで釣り餌を選ぶことでプレイが可能となる。釣れる魚は地域ごとに決まっており、魚の種類は全部で数百種類以上とかなりの大ボリューム。地域ごとに存在する固有種の魚を全種釣ることで達成されるアチーブメントも用意されており、本作のやり込み要素のひとつとなっている。釣った魚は換金できるほか、食べられる魚は切り身にして料理の素材にすることも可能。釣り餌は特定の敵を倒したり、フィールドで採取したりすれば入手できるので、自給自足なライフスタイルを確立してみるのもいい。

アウトドアプレイ

絶景と釣りを楽しむ。落ち着いた時間を過ごしたいときにオススメだ。

人外プレイ 編集

犯罪者と並んでTESシリーズの名物ロールプレイである人外プレイ。本作では特定のクエストを攻略するか、有料アイテムを購入することで、ヴァンパイアかウェアウルフ(狼男)になることができる。どちらも専用のスキルが用意されており、ウェアウルフは野獣に変身してスピードやスタミナを向上、ヴァンパイアはコウモリの召喚や生命力の奪取などが可能となる。さらにプレイヤー間で人外化を伝染させることもでき、ほかのプレイスタイルとは違った独特な楽しみ方ができる。ただし、一度人外化してしまうと、人間に戻るためには専用のクエストをクリアする必要がある。ほかのプレイスタイルと比べて気軽にプレイとはいかないので注意しよう。

人外プレイ

ヴァンパイアになると眼の色などの見た目も変化。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。